株式会社ホクチク

trainers.JPG
配合飼料 Formula Feed

牧草や燕麦からでは満たすことのできないミネラル・ビタミンを十分に摂取する目的で設計されたのが配合飼料です。複雑な飼い葉づくりを必要とせず、誰でも簡単に給与することができるため、近年普及率が高まりました。弊社は、日本農産工業と提携し、最新の栄養学をもとに「クレドール」シリーズを完成させました。この他、日本農産工業各製品を取り扱っており、幅広いニーズに応えられます。

「クレドール」シリーズについて


hay.jpg
牧草 Hay

馬にとって一番大切な飼料は草です。放牧時間外に、厩舎内でしっかり草を食べ続けることは馬の健康にとって重要であり、日本においては乾草が最も普及している形態となっています。中でも主食として主流なのはチモシーであり、この他ルーサン(アルファルファ)もカロリーの高い牧草として利用されています。弊社では、アメリカ産・カナダ産のチモシー・ルーサンを輸入しており、自社加工場において仕入れた乾草を切草としても販売しています。


oat3.jpg
燕麦 Oat

古くから馬の飼料として用いられてきた燕麦は、馬による嗜好性が大変良く、穀類の中では大麦やとうもろこしと比較して繊維が豊富なため、安全なエネルギー飼料として位置付けられています。飼料用燕麦の産地は主にカナダおよびオーストラリアですが、弊社は現地のサプライヤーと直接取り引きをし、飼料用燕麦の中でも最高品質に位置する競走馬用燕麦を輸入しています。これらは、摂取した際の消化性を良くするために自社の燕麦加工場においてスチーム圧ペンを行っています。


bed.jpg
敷料 Bed

馬房に敷きつめる敷料(ベッド)として、麦稈や稲わらは広く使われています。麦稈はオーストラリアからの輸入品や、北海道産(空知、十勝、網走など)を取り扱っており、稲わらも北海道産を用意しております。また、近年は木質敷料(シェービングマット・写真)も安定した品質と、コンパクトな形状による利便性が良いという評判を頂いており、育成場や競馬場などで需要が高まっています。


fence.jpg
資材 Material

北海道産カラマツ材に防腐剤(クレオソート)を注入した牧柵(本柱、横板)や、牧柵に装着するネット(金網)を取り扱っています。


157bff39bc6247324b0a0f57811ebfb5.jpg
その他 Other


添加飼料として、馬用BFMPサプリメント、ネイルアップホース、ラクフィなど取り扱っています。単味飼料として、圧ペン大麦、脱脂大豆、圧ペン大豆、なたね油、コメ油、ビートパルプ、塩など取り扱っています。この他、ランベット社、フォーラン社製品も取り扱っています。